JRA畜産振興事業に採択

JRA畜産振興事業に採択

山形大学で取り組む「スマート・テロワール構想プロジェクト(略称:スマテロプロ)」の研究資金として、日本中央競馬会(JRA)畜産振興事業における研究開発事業に本プロジェクトの研究課題(3年間・総額約5,800万円)が採択されました。

今回採択された研究テーマは「地域産飼料資源のサプライチェーンの構築」です。持続可能な循環型農村経済圏を構築するための要となる畜産(豚肉生産)において、そのエサとなる地域産飼料資源の調達から調製・保管、豚の肥育から加工食品の製造、販売に至るまでの一連の流れを整備することを目指します。

研究助成をさらなる推進力にして、庄内地域のみなさまに安全で安心な美味しい豚肉加工品を安定して届けられるようにすることを目指します。

(2021.06.01山形新聞)
2021.06.02日庄内日報)